晩婚化社会

現代日本の抱える問題のひとつとして、男女ともに晩婚化があげられます。晩婚化がすすむにつれ、子どもを産むことを選択しない女性が増え、それに連動し少子化も大きな社会問題となっています。晩婚化・少子化の背景には、結婚して出産・育児を支えるだけの経済力や、社会的保障・システムが十分でないために、将来への不安を感じて敢えて子どもを産まない選択をしているケースも少なくないようです。

また女性は社会へと続々進出し、ある程度の安定した経済的・社会的地位も獲得できるほどの活躍を続けると、その生活を敢えてやめてまで結婚・出産を選ぶ必要もなく、ひとりでも独立して生きていけるという確固たる自信を持っている人が増えたのかもしれません。このような女性の生き方は昔には考えられないことでしたが、今では男女問わずさまざまなライフスタイルが確立し、皆は固定観念に縛られることなく、自由に自分の人生を作り上げていくことが可能になったのです。

逆にいえば、自分自身でどうにかしていかなければ生きていけない世の中になりつつあるということでもあります。晩婚化、子どもを産まない選択は、将来の自分の生活を支えてくれる頼もしい味方を得られないことにもつながります。つまり、老後になんらかの病気にかかって身体が動かなくなってしまっても、頼りにできる子どもがいないとなると、どうにか自分自身でやっていくしかない状況に陥るということを現段階で受け入れ、その上で敢えて自由に生きていくという選択をするということです。